ドイツの高速鉄道、ICEについて

【1等車と2等車】

ヨーロッパの鉄道は、1等車と2等車の区別がされています。当然、2つの車両には違いがありますが、どのような点が違うのでしょうか。

まず1つは車両環境の快適さです。2等車は通路を挟んで左右に2席ずつという配置となっていますが、1等車は通路を挟んで2席と1席という配列になっています。そのため、1等車両の方がゆったりとした空間を過ごすことが出来るのです。また、シートの前後も1等車の方が広いため開放的です。さらに、収納スペースも多いため、荷物が多い場合には1等車がおススメです。

また、1等車は富裕層やビジネスマンなど、比較的静粛なムードを求める客が多いので、もしそのような雰囲気で旅を楽しみたいという人は1等車を選びましょう。また、2等車は学生や子ども連れの家族などが多いため、車内も賑やかです。仲間内でワイワイとした旅をしたいという人は、2等車の方が気兼ねなく旅を楽しめるかもしれません。

ヨーロッパの鉄道には1等車と2等車があり、それぞれに特徴があります。1等車は広々としており、車内も静かであるため、のんびりとした旅を過ごしたいという人に好まれます。2等車は比較的リーズナブルであるため、使いやすいというメリットが見逃せません。